楽天ポイント運用は何に投資しているか?気になったので調査してみた

楽天ポイント運用は何に投資しているか?気になったので調査してみた

2020年8月18日
【ポイ活】ポイント稼ぎ

楽天通常ポイントを使用して投資を疑似体験できる楽天ポイント運用ですが、このポイント運用そもそも何を基準に価格が動いているのか謎です。
投資未経験者向けのコンテンツですのでベンチマークがあれだとかは必要ない(というか理解できない)ので敢えて詳しく書いていないのかもしれませんが投資家としては気になります。

そこで私自身でこの楽天ポイント運用が何を基準に価格が推移しているか調査してみました。

スポンサーリンク

1.アクティブコースとバランスコースの違い

楽天ポイント運用にはアクティブコースとバランスコースの2種類が用意されています。
この2種類のコースの違いですが、投資対象はどちらも株式と債券のミックスで違いは投資比率となっています。

株式債券
アクティブコース70%30%
バランスコース30%70%

2.何を基準に価格が変動しているか?

これは結構気になっている方が多いと思うのですが、調べたところ両方とも楽天証券のバランスファンドの価格を基準にしているようです。

基準となるファンドは
アクティブコース:楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)

バランスコース:楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)

となっています。

以下に各コースが基準にしているファンドのリンクを添付します。

アクティブコースが基準にしているファンド

楽天・バンガード・ファンド(バランス株式重視型),楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)についての詳細をご確認いただけます。楽天証券で投…
www.rakuten-sec.co.jp

バランスコースが基準にしているファンド

楽天・バンガード・ファンド(バランス債券重視型),楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)についての詳細をご確認いただけます。楽天証券で投…
www.rakuten-sec.co.jp

運用成績の比較

アクティブコースとバランスコースの全期間(2018年8月~2020年8月)のチャート ※再投資込み

青線アクティブコース
橙線バランスコース

おおむねアクティブコースはバランスコースの2倍値動きするといった形になっています。現在(2020年8月)までのトータルリターン(はアクティブコースとバランスコースともに+10%となっています。

現在までの成績を判断すると、リターンが同じなのでリスクが半分のバランスコースに投資した方が良い、ということになります。

3.何の株式・債券に投資しているのか?

基準のファンド、およびそのファンドが株式と債券に投資していることはわかりましたが、今度はそのファンドが何の株式と債券に投資しているか気になったので目論見書からベンチマークを確認しました。

株式:FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

大型株、中型株および小型株まで網羅する全世界の株式市場の動向を表す時価総額加重平均型の株価指数です。
構成銘柄は、米国、欧州および日本などの先進国株式に加えて、中国やインドなどの新興国株式を含み、その数はおよそ8,000銘柄にもおよびます(2019年12月31日現在)。

楽天・インデックス・バランス・ファンドの目論見書より

いわゆる全世界株式というやつです。先進国及び新興国の大型・中型・小型株に投資しています。

同じベンチマークを採用しているもので言うと、投資信託で言えば楽天・全世界株式インデックス・ファンド、米国ETFで言えばVTになります。

このベンチマークは分散範囲であれば最強であり、過去の成績も良好ですので投資対象としては申し分ないです。そして運用成績も良好で過去10年間の運用で資産は約2.5倍にもなっています。

VTを10年前に10000米ドル投資していた場合の資産の推移グラフ

VTの10年間のトータルリターングラフ

VT(全世界株式ETF)の運用成績の詳細が知りたい方は下記リンクからサイトへアクセスできます。

バンガードからのお知らせ – 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ
www.vanguardjapan.co.jp

債券:ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックス

日本を含む世界の投資適格債券の代表的な指数です。世界の国債に加え、政府関連債、社債および資産担保証券で構成されています。

楽天・インデックス・バランス・ファンドの目論見書より

全世界の投資適格級債券に対して分散投資されています。こちらも分散範囲としては最強であり、ジャンク債も含まれていないので暴落への耐性を期待できます。

ちなみに「バンガード・インベストメント・シリーズ-グローバル・ボンド・インデックス・ファンド」というファンドが同様のベンチマークを採用しているようです。(このファンドは日本では購入不可のようです)

補足ですがVANGEHP:ID と検索することでBloombergでファンドの概要と過去5年間のチャートを確認することができます。

運用成績の比較

青線:VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)
   →ポイント運用の株式を構成
橙線:バンガード・インベストメント・シリーズ-グローバル・ボンド・インデックス・ファンド

   →ポイント運用の債券を構成

投資対象としてアリか?

アリです

なぜなら楽天ポイント運用は全世界株式全世界投資適格級債券に対して投資を行うのと同等の効果を得ることができ、つまり世界全体へ幅広く分散投資することができます。

つまり誰でも平均点の成績を取ることができます。

このため特に投資未経験者・初心者にはオススメできます。=楽天はしっかり銘柄選定しているとも言えます。

楽天ポイント運用の紹介は以上になりますが、以下になぜ投資未経験者・初心者にオススメなのかを詳しく書きましたので読み足りないと思った方は読んでいただけると幸いです。

余談:なぜ投資未経験者・初心者にオススメなのか?

なぜオススメなのか?それは彼らの銘柄選択傾向にあります。
というのも未経験者・初心者は知識も経験もありませんのでこういった方が投資するのはたいてい無料で情報が提供されている①証券会社のオススメか、②インフルエンサーのオススメか、③話題になっているものです。

しかしながらこういったものに投資した場合、①高い手数料を支払う、②彼らの収入源になった後③の結果が待っている、③バブル末期に投資して大損のような事態になる可能性が高いです。

これについては私が書籍のデータや過去のチャートを分析して検証した記事を書いています。
この記事の内容を1文で表すと「流行に乗った投資をすると大損する可能性が高い」です。
興味を持っていただけた方は一度読んでみてください。

流行や話題性で投資対象を選択する”ファッション投資家”を卒業しませんか?(前編)
流行や話題性のみで投資を行うことのリスクとは
aobins-storage.com
流行や話題性で投資対象を選択する”ファッション投資家”を卒業しませんか?(後編)
20年前の大先輩投資家から学ぶ、投資を失敗するための極意とは!?
aobins-storage.com

いやいや、俺はこの前○○さんのオススメを買って数か月で資産が2倍になったし。そんなのは参考にならん!と思った方は「ウォール街のランダムウォーカー」をオススメします。

先の私の記事の原液です。市場に勝とうとすることに対する無意味さとインデックス運用の有用性を学ぶことができる為、非常に参考になります。
それに後々あなたに降りかかる大損を未然に防ぐことができると思います。

この本を少し紹介すると、テクニカル分析する投資家は”チャーティスト”といわれてボロクソに書かれています。

私はもともとFXから投資(投機)に入ったくちなので、テクニカル分析を馬鹿にされるのは正直ムッとしましたが、書かれていることはやはり筋が通っています。

この本を読む前まではテクニカル分析メインで投資判断していましたが現在ではその優先度は落ちより広い視野で投資判断を行えるようになったと感じています。

※投資は自己責任でお願いいたします。