【4か月目】初心者がストックフォトで稼げるか検証してみた

【4か月目】初心者がストックフォトで稼げるか検証してみた

2020年8月30日

先月はこちら

【3か月目】初心者がストックフォトで稼げるか挑戦してみた
初心者がストックフォトを副業化できるか検証!(3か月目)
aobins-storage.com
スポンサーリンク

実績データ

PIXTA
販売枚数80(+8)
閲覧回数129(+68)
売上枚数1(+0)
売上金額¥0
ストックフォト4か月目

※カッコ内は前月からの増加分になります

今月の評価

今月はコロナウイルス第二波により外出自粛があったため、あまり写真を撮れていません。暑いから外出たくないだけ

そして今月も収益を得ることができませんでした。

簡単そうに見えるからこそ参加者が多くなりレッドオーシャン化してしまうのでしょうね。

ちなみに今の私の精神状態ですが、あくまで趣味の延長線上でストックフォトをやっているので辞めたいという気持ちはないです。

ただし積極的に出品しようという気持ちはなくなったと思います。
そういった気持ちの変化からアドビストックへの出品はしばらく取りやめることにしました。

毎月暗い報告しかできていませんが、閲覧回数は伸びてきており登録枚数が横這いにも関わらず2倍に増加しています。

また今月より1ヵ月のアップロード枚数の上限が30枚から40枚に増加しています。

どうやら登録から3か月を過ぎると上がっていくようです。
枚数規制は初心者が大量にアップロードするのを規制するための処置とおもわれるので、どうやら私は第一関門はクリアできたようです。

まあ、ブログ記事書いている以上、途中で投げ出すわけにも行かないんですけどね(笑)

収入を得る方法としてストックフォトはどうなのか?

私は本業以外の収入源として、ストックフォト、ブログ、投資による資産構築をめざしています。

それではこの3つの収入源、2020年8月はどれほど収入を確保できているか公開したいと思います。

(2020年8月の収益)

ストックフォト:0円

ブログ:約300円(※後半より広告停止を喰らっている)

投資:約100,000円(※含み益の増加分)

こうしてみるとストックフォトの難しさが良く分かります。

個人的に”稼ぐ”、という意味での難易度は

投資>(凡人には超えられない壁)>ブログ>写真

といった感じです。

なのでもし写真を撮ることが趣味でない人、または金儲け目的でストックフォトを始めると高確率で失敗すると思います。

そもそもプロや長年写真を撮っている熟練者、金にモノを言わせて高性能な機器を用いて撮影するブルジョア…こういった方々と同じ土俵で戦っていく必要があるのですから稼げないのは想像に難くないです。

私がストックフォトを始める前に先輩写真家の方々のブログを拝見したことがありましたが累計一万枚上げて月に数千円といった感じでした。

一万枚上げて毎月数千ですよ?
この方は間違いなく成功者です。

成功者ですらこのレベルですから、この収入が例え不労所得化していたとしてもそれまでにかけたコスト(そもそもカメラは金のかかる趣味)を考慮すると副業としては非常に効率が悪いと思います。

お金を得る為なら、転職やフロー型の副業の方が効率が良いですし、不労所得目当てであれば、カメラを買う資金を投資に回して放置した方がよっぽど儲けれます。

今後の方針

出かけたときに良い構図があればストックフォト用の写真として販売していくスタイルでやっていこうと思います。

というのもストックフォトで販売する為には、①写真を撮りにいく、②ROW現像する、③販売すると3つの作業が必要でそれなりの時間がかかってしまいます。

時間は有限ですのでより効果的な時間の使い方があると思います。

例えば副業の面で言えば、ブログの方がまだ稼げますのでこちらに時間を使った方が良いですからね。

また最近はフロー型の副業、資格、筋トレ、などにも興味があります。のでこういったものに対して優先的に時間を使いつつ、合間の時間でストックフォトをやっていきたいと思います。