FXを3年間やって気づいたFXをやらない方がいい理由

FXを3年間やって気づいたFXをやらない方がいい理由

2020年9月18日
【Investment】投資

みなさんこんにちは、青瓶です。

今回は投資をやっている方なら1度は気になったことがあるであろうFXについて話していこうと思います。

ネットをあされば

月利10%!絶対勝てる!→口座開設はこちら!

ってな感じなものが山ほど出てくると思います。

今となってはこれらの記事は、情報発信の為ではなく情弱に口座開設させて儲ける為に書いているということを知っていますので読みません。
だって、都合のいいことしか書いてないですからね(笑)

とまあ小馬鹿にしている私ですが、何を隠そう投資(投機)デビューはFXでした(笑)

つまりアフィリエイターにまんまと一杯食わされた口の人間です。

そんな私も情弱として必ず儲けれると信じ、3年間もの長い月日をFXとの死闘を繰り広げてきました。

今回は私のFXの運用成績やアフィリエイターが紹介してきた”儲けれる”投資法が無意味であることを紹介していこうと思います。

FXをやらない方がいい理由

原理的に凡人は儲からないから

いきなりドストレートな理由を出させていただきました。

儲けれないんですよ

これについては原理を考えれば当然です。

FXがゼロサムゲームだからです。

ゼロサムゲームとは以下のことを指します。

複数の人が相互に影響しあう状況の中で、全員の利得の総和が常にゼロになること

Wikipediaより

…つまりどういうことだってばよ?

という方のために日常生活で例えてみようと思います。

みんなでお金を出し合ってスイカを買ってきて、これの取り分を殴り合いで決める

FXの世界観

これがFXの世界です。

力こそパワーの世界です。

勘の良い方はもう気づいたかもしれませんが、力のない人間は搾取されるだけです。
そしてその搾取される人間とは、知識も経験もない初心者…つまり私やあなたというわけです。

しかしこの期に及んでまだ儲けれると思われている方もいらっしゃると思いますので簡単なテストをしたいと思います。

Q.あなたは自分のトレードの為に、実力のあるトレーダーのブログや動画を信用して、その方法を参考にしていますか?

はい

と答えたあなたはFXで勝つことはほぼできないでしょう。

何故なら、あなたが信者として崇拝しているその人が、FXというゼロサムゲームにおいては敵になるからです。

信者の時点であなたの実力はその人に劣っていることは明白です。

自らの崇拝する”神”が敵となるFXで、実力で劣るあなたがどうして勝つことができるのでしょう?

勝てないですよね。

自分より優れた人間がいる時点でゲームをするべきではないんですよ。やっても惨めな結果が待っているだけです。

周りを見渡してカモがいないのなら誰がカモなのか明白である

ポーカーの名言

FXの原理がわかったうえでこの記事のはじめに書いた「初心者でも3か月で月利10%達成可能!」の謳い文句を見てみましょう。

どう思われますか?

何かしらこの謳い文句を書いた人間には裏があることが理解できたのではないでしょうか?

私個人の意見で言わせてもらえば、こんな謳い文句は鼻くそとしか言いようがありません。

だってこれ、スポーツで言うなら

「初心者のあなたでも3か月のトレーニングで錦織圭や大坂なおみに勝てる!」

って言ってるのと同じですからね?

スポーツでこれを真に受ける人はいないでしょうが、何故かFXとなるとマジだと信じてしまうのは何故でしょうか?

私の推測ですが、スポーツであれば自分が実際にやる機会もあるでしょうし、テレビでプロの試合を眺めているので、相手がどれだけすごいのか断片的でも理解できるのだと思います。

しかしFXは普通に生きていく上では全く関わることがないので、その世界観を理解することができません。
その為、絵空事のようなキャッチフレーズすら簡単に信じてしまうのだと思います。

何かを始めようと思う時、人は表面的な事(投資で言うなら利回り)を調べがちですが、理解すべきは原理です。

これを理解せず知った気になって突き進むと大やけどしますので注意していきたいものですね!

私のFXの成績

私がFXをやっていた時、”FXは儲けれない”といった記事も良く読んでいました。

しかしながら、結果がどうなったかを書かれている方はいれど、その成績を事細かに書かれているブロガーは見つけることができませんでした。

これについては、そもそも辞めた後なので記録を破棄している。とか事細かに失敗談を書くのはプライドが傷つくということがあるからだと思います。

しかしながらこの青瓶、二年間分はしっかりと利益を帳簿につけており、プライドもないので運用成績をばっちり公開したいと思います。

それが以下の表になります。

青瓶のFXの成績

※運用資金
2018年度は30万円程度
2019年以降は100~200万円です

記録の残っている約2年間の合計損益は

+17,409円

です。

そうですね…控えめに言ってポンコツといったところでしょうか。

合計利回りは1%ないくらいです。

結果だけ言えば、SBJ銀行のミリオ君(定期預金:利率0.35%)に預けておいた方がいいレベルです。

ちなみにこの3年間ですが、当然FXについて勉強しています。

ブックオフで様々なFXの書籍を読んだり、有名ブロガーの投資手法を参考にトレードしたりしています。

しかしながらそのうちの何一つとして大きな利益を上げることはできませんでした。

ただこの運用成績でもまだましな方だというのも事実です。

私がFXをやっている間、トルコショック、アップルショック、コロナショックと毎年の様に暴落が発生しています。

そしてこういったタイミングで強制ロスカットにより数百万円損している人も大勢いるのも事実です。

実際、私の元上司は強制ロスカットにより数百万円損しているという話を聞きました。

むしろ3年間勉強してリスク管理をしっかりしていたからこそ、大損することなくFXから足を洗うことができた、とも捉えることができます。

これについても原理を理解すれば当然の結果ですが、FXは富の奪い合いなので富は強者へ集中します。

FXの行きつく先は、ごく一部の勝者とその他大勢の敗者です。

FXにおいては敗者こそスタンダードなのです。

生存バイアスがめちゃくちゃかかっているFX業界で私のサイトにたどり着いた方は非常に幸運だと思います。

一握りの天才、つまりあなたとは関係のない正解の話ではなく、凡人の世界の話を聞けたのですからね。

この話を聞いてFXをやるかどうかはあなた次第です。
やる場合はくれぐれもお気を付けください。

(追伸)

この記事を書いてTwitterにリンクを上げたところ、アドセンス狩りに会いました。
しかも複数回

真実を語ると某アフィリエイト勢力からの圧力がかかるようです。