2020年11月 日本株投資運用報告

2020年11月 日本株投資運用報告

2020年11月3日

先月はデータはこちら

日本株投資の運用報告(2020年10月)
aobins-storage.com
スポンサーリンク

運用報告の変更

先月までは端株投資として、端株投資をしている日本個別株と東証ETFの資産推移を公開していましたが、今月からは、日本株のみに変更します。

つまりREITをブログ記事からリストラします。

というのも、私が保有しているREIT3種(J-REIT,A-REIT,米国-REIT)はすべてETFです。ETFって投資家として運用するには最高の投資先であることは間違いないのですが、これをブログ記事の材料として考えるとどうも見栄えがよろしくありません。

個別株と違いバリエーションがない為、誰がやっても似たり寄ったりですそれが目的なんだから当たり前だろ

そして個別株のような浪漫砲、つまり爆益、爆損がないので視聴者目線でみるとエンターテインメントに欠けます。

あとあんまり資産公開の範囲を広げすぎるのも個人情報的にヤバい、(なんか最近物騒なニュース多いですし)のでキリよく日本株オンリーにしたいというわけです。
また、具体的な投資金額を示すのではなく損益率による情報開示を行います

ちなみに日本株の方はこの仕様変更によりJTが追加されます。

この株は厳密に言うと私が選んだというより私の親父が選んだ銘柄だったので、抜いていましたが組み入れます。

私は業績好調な割安小型株を投資対象としているので、JTとはそりが合いませんが高配当が魅力ということで損切せず塩漬けしています。ちなみに私が保有している中で最大の損失をJT君は出してくれていたりします(笑)

運用成績

ポートフォリオのデータ

銘柄別損益率

損益率推移

※2020年11月2日大引け後の資産になります

先月の実績

変化点

・ブックオフGHDを全株売却

・CDS(2169)を買付

・大きく値下がりした日に買い増し(Vコマース・ウエストHD)

・アダストリア株を一部売却

配当金

合計:1,485円

現状把握

米国株や欧州株が不調なことを考えるとなかなか好調といえます。

まあ相変わらず利益をウエストとバリューコマースに依存している感は否めないですが、スシローの利益率も30%に届きそうな勢いですし、実店舗も満員でしたので今後も期待できるでしょう。

先月から買付しているCDSは買付し始めた途端値段が下がり始めましたが、積立期間ですのでむしろ好都合です。

JTはとんでもないくらいの損失を出していますが、配当金を別銘柄への投資へと回す装置と考えれば割り切って保有できます。

世間では高配当株はオワコンでグロース株万歳的な流れが来ていますが、落ちた時はどうするんでしょうかね?

中級者以上であれば、損切タイミングを大幅に見誤ることはないと思うのでまだよさそうですが、ブームに乗った初心者は大丈夫なんでしょうか?

高配当のSPYDですら投げ売りしてしまうのですから、低配当・・なんなら無配のグロース株なんかを持ち続けることなんて到底できるとは思えませんが・・・

・・・あまり深くは考えてはいけませんね

今後の方針

・CDS株の買付

先月に引き続きCDSを買い増しします。ひとまず投資元本10万円を目安に積立し、その時点での損益率、及びチャート、業績、経済状況等を把握して更に積立するのか一旦止めるのか判断します。

・アダストリア株の一部売却

80株まで売り込もうと思っています。

理由としては、99株だと例え暴落しても買い増しできない(※100株にしたくない)、つまりホールドするだけの守り一辺倒になってしまうので買付余力を持たせたいという私の個人的な思いがあるので一部売却します。

また10月に自社株買いのニュースによって短期間で20%程度値上がりしているので売り場としては悪くないと判断しているのもあります。

あと以前、”前澤さんがアダストリアの株を買った”というニュースが名が得た時10%以上値上がりしましたが結局元の値段に戻ったというエピソードがありました。
この時、ボケーっとしていて悔しい思いをしたので今回は少しばかり売っときたいと思います。

・新銘柄の選定

小型株で業績良好で株価があまり伸びていない銘柄を選定し年内に買付を開始する予定です。