2021年1月 日本株投資運用報告

2021年1月 日本株投資運用報告

2021年1月7日

先月のデータはこちら

日本株投資の運用報告(12月)
aobins-storage.com
スポンサーリンク

運用成績

ポートフォリオのデータ

銘柄別損益率

損益率推移

先月の運用内容

・CDS(2169)を買付

・8つ目の銘柄選定

現状把握

2020の総括

非常に良好な成績を上げることができました。

PFの合計利益率は38%と市場平均を大幅にアウトパフォームすることができました。

アクティブ運用ですからね、手間をかけている分これくらいの利益は欲しいところです。

私の主力であるETF&投資信託のパッシブ運用での運用成績は大体5%程度だったことを考えると、素晴らしいとしかいいようがありません。

成績は良かったが…

銘柄選定と買付タイミングのセンスはあると自負していますが、売却センスがクソであることも自覚しています。

先月までの記事を見ていただければわかりますが、あろうことかアダストリア株をチマチマ売っています。

そしてこのチマチマ売っているタイミングというのは大統領選前の株価が落ちているタイミングでありその期間中でいうところの”底値”です。

その後株価は上昇し続け、そして現在、四半期の決算が良好だったということで年末に10%以上も株価が上昇しています。

FXで投機家をやっているときから知っていましたが、やはり私にトレーダーとしてのセンスは無いようです。

以上のことから今後は

買付は長期間積立で行っても良いが、売却は基本的には行わない。
もし売却するのであればその銘柄を一括全売却すること。

とします。

PF構成銘柄年初来チャート

  • 2914:JT
  • 1407:ウエストHD
  • 3563:スシローGHD
  • 2491:バリューコマース
  • 9029:ヒガシトゥエンティワン
  • 2685:アダストリア
  • 2169:CDS

2020年1月からの私が保有する銘柄のチャートです。

ウエストホールディングスは別格として、市場平均(日経平均:ローソク足のチャート)の15.89%以下の銘柄が4銘柄(ヒガシトゥエンティワン、JT、CDS、アダストリア)も存在しているわけですが、ヒガシトゥエンティワンとアダストリアについては含み益がそれぞれ20%と28%もあり、買付のタイミング非常に良かったことがうかがえます。

利益率に関してですが、ウエストHDがダントツでよく253%もあります。
これはクリーンエネルギーに注目が集まっているから(バイデン大統領の影響)なのですが、少々投機的な値上がり方をしています。
そういったこともあり、私個人としては投機熱が冷めた段階で大幅下落が来てもおかしくないと考えています。

ただPF比率を見ていただければわかるように、利益率の割にウエストHDのPF内の比率は高くありません(20%以下)。

そして私のPFで大きな利益を生み出しているのはウエストHDだけではないことからも、仮にウエストHDが暴落しても私のPFに与えるダメージは小さいと考えていますので、このまま爆上げしようが暴落しようがホールドで行きたいと思います。

今後の方針

・新銘柄選定&買付

2000銘柄から厳選していた銘柄も残り20銘柄まで絞り込むことができました。

今月はこの中から更に厳選していきたいと思います。

ねらい目としては、搾取している企業コロナで大ダメージを喰らっている企業です。

どちらもポテンシャルは非常に高いのでじっくりと厳選していきたいと思います。

・ヒガシトゥエンティワン株の買付

PF比率が一番少ないので買付します。

時価総額ベースで考えるならば小企業である当企業へのPF比率は少なくても良いかもしれませんが、小企業故の爆発力があります。これはJTやスシローには真似できません。

個別株投資の目的を「経済的自由獲得までの時間を劇的に短縮するロマン砲的存在」としていますのでここは多少のリスクを取ってでもリターンを狙いに行きたいと思います。

・アダストリア株の買付

以前にチマチマ売って喪失した分の株を取り戻しに行きます。

結果的に割高購入させられる羽目になりましたが、トレードがいかに無意味か良い勉強になりましたのでよしとします。