資産を築ける人間とそうでない人間の決定的な違い

資産を築ける人間とそうでない人間の決定的な違い

2021年1月20日

私はこれまで投資は節約について勉強しそして、実践し継続することで資産を築けるマインドを手に入れることができました。

そして資産を築けるマインドを手に入れた今、以前の自分と今の自分とを比較すると明らかにお金に対する考え方が異なっているということに気づきました。

そして、以前の私では資産を築くことはできないと断言もできます。

今回は、資産を築ける人間とそうでない人間のお金に対する考え方の決定的な違いを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

両者を分ける決定的な違い

「お金とは何を得る為のものか?」

この答えが資産を築ける人間とそうでない人間で決定的に異なります。

資産を築くことができない人間はお金を

モノや体験を得るための手段

と捉えています。

家を買う為に
車を買う為に
ディズニーランドに行く為に….

といった感じです。

これがお金の存在理由です。

対して資産を築ける人間というのはお金を

権利と選択肢を得る為の手段

と捉えています。

働かなくてもよい権利を得る為に
ストレスフリーに生きる為に
お金に縛られない人生を歩む為に….


といった感じです。

このように資産を築けない人間はお金を実体的なものとしてとらえていますが、資産を築ける人間はお金を概念的なものとしてとらえています。

欲望が資産形成を阻害する

お金に対する考え方の違いでおおむね3タイプに分けることができます。

1.貯金が全くできない人
2.ある程度まで貯金はできるが最終的には全部なくなる人
3.資産形成できる人

この3タイプです。
一つずつ解説していきます。

1.貯金が全くできない人

このタイプの人は欲望をコントロールすることが全くできないタイプの人間です。

欲しいから買う、食べたいから食べる、ヤりたいからヤる。

童話「アリとキリギリス」のキリギリスを人間にしたようなタイプです。

ある意味一番人生を楽しんでいるタイプとも捉えることができますが、自己管理能力が皆無ですので、基本的に貯金は0円で場合によっては借金があります。

私がこれまで関わってきた人間を見るとギャンブルと女遊び、流行やブランド物を好む傾向があります。

このタイプの人は基本的に資産が100万円を超えることはありません。

2.ある程度まで貯金はできるが最終的には全部なくなる人

このタイプの人は欲望をコントロールすることができる人です。

3.資産形成できる人との差異はほとんどありません。

何が違うかというと、冒頭で話した

「お金とは何を得る為ものか?」

が違います。

このタイプの人は、

欲しかった車を買う為
結婚資金
マイホームの頭金

といった明確な理由の為に貯金や資産運用しています。

そしてこれらはすべて

モノや体験を得るための手段

です。

その為、自分が立てた目標資金に達した場合その資金はすべて消費されてしまいます。

このタイプの人は数百万円なら貯めることができるのですが、モノや体験を得るための手段に使ってしまうので0円と数百万円の間を行ったり来たりします。

日本人の大多数はこのタイプだと思います。

ちなみに昔の私がこのタイプです。

当時私は数百万円貯めたらトヨタのカムリかレクサスRCを買おうとしていました。

トヨタカムリ
レクサスRC

今思うと非常に危険だったなと思います。

もし買っていたら、投資資金がなくなる為、年収の少ない私では間違いなくセミリタイアという選択肢はなくなっています。

3.資産形成できる人

当然、欲望をコントロールすることができる人です。

この点は、2.ある程度まで貯金はできるが最終的には全部なくなる人と同じですが、資産形成できる人はお金を権利と選択肢を得る為の手段として使用する為、資産がなくなることがありません。
(資産を無くす=権利と選択肢を放棄することになる為)

その為、時間が進むにつれどんどん資産が増えていきます。

お金なんて使ってなんぼやろ!

私の幼馴染がこのタイプです。

この言葉自体は正しいです。
しかしこのタイプの人間が言っている「使ってなんぼ」とはあくまで自分の欲しいモノや体験に使ってなんぼということであり、資産形成できる人の言う「使ってなんぼ」とは全く異なります。

資産形成できる人の「使ってなんぼ」とは、基本的には形を持たないものに使うということです。

(例)FIREして自分のやりたいことを年中できる権利を得る為にお金を使う。

つまり自由を得る為にお金を使います。

自分がどうしたいかを見つめなおす

大多数の人というのは「お金はモノを買う為に使うものであり、幸せや自由を手に入れることができない」と勘違いしているので、資産形成をすることができません。

でも実際は幸せも自由も手に入れることができます。

しかしそれを知ろうとも認めようともしない為、自分のやりたいことをできず死ぬまで働き続けるわけです。

あなたは本当に、死ぬまで働き続けることよりも、マイホームを買うことが人生の意味として勝っていると思っていますか?
家族との時間を毎日八時間も放棄してまで?

もしそうでないなら一度人生を見つめなおすべきです。

私は若いころに高級車を一台買うのを我慢して投資に回すことで、50歳から仕事を一切やらなくていい選択肢を手に入れることができました。

資産形成は目的ではなく手段です。

資産形成で叶えられる夢があるというなら、やってみる価値は十分あるのではないでしょうか?