【10か月目】初心者がストックフォトで稼げるか検証してみた

【10か月目】初心者がストックフォトで稼げるか検証してみた

2021年2月27日

先月はこちら↓

【9か月目】初心者がストックフォトで稼げるか検証してみた
経験値0から初心者がストックフォトを副業化できるか検証する試み(9か月目)
aobins-storage.com
スポンサーリンク

実績データ

総販売枚数147
閲覧数(上位100枚)781(+137)
累計売上枚数4(+1)
累計売上金額¥0
ストックフォト10か月目

※カッコ内は前月からの増加分になります

今月の評価

ななんと!

先月に引き続き今月も1枚売れました!

こちらは変電所を撮影しノスタルジックに編集したもので、電力会社のHP用というより、挿し絵やアイキャッチを想定して販売しました。
”素材感”戦略とは若干異なりますが綺麗に撮れている(当社比)こともあり何かしらの需要があったようです。

これまで売れた写真の傾向を考えると、主題(静物)+背景の様に被写体及びカラーがシンプルにまとめられているものが売れる傾向がありそうです。
逆に主題が動物だったり、カラフル、編集多めな、つまり現像するまでに割と時間がかかるような写真は今のところ需要が全くありません。閲覧数も下位になっています。

これについては動物なんかは撮影難度が比較的高いので、初心者と熟練者で出来上がる写真に明確なクオリティの差が生まれる(特に動くものなんかはいいカメラと経験がものを言いますし)為、見向きもされないような気がします。
カラフルや編集の多い写真は、需要がかなり絞られる為だと想定しています。

ところで、今回写真が売れたことで、販売枚数が4枚になりました。
4枚売れたということは、つまり1クレジットを獲得したということです。つまりは収益化達成です。

青瓶
青瓶

遂に成し遂げた!これが継続の力か!

と意気揚々にPIXTAの換金ページに向かったのですが、ここで驚愕の事実が!

素材の販売やアフィリエイトで得た獲得クレジットは、10クレジット以上貯まると[1クレジット=110円]換算で現金に交換することができます。

PIXTAホームページより
青瓶
青瓶

なん…だと…

そう、確かに4枚売り上げることで1クレジット、つまり110円を獲得したわけですが、それが私の手元に現金として入る為には10クレジットを貯めなければならないということです。

単純計算で10年かかります。

ま、まあこの手のストック型副業はコンテンツの増加及びスキルアップにより指数関数的に売り上げが上昇するはずなので、10年ということはないとは思いますが、が、あと何年私は戦えばいいんでしょうかね?(笑)
これ楽して稼げると勘違いした人は100%脱落しますね(笑)

ブログもそうですがストック型の副業をほとんどの人が挫折する理由がこれです。
YouTubeで数か月で月〇万円!なんて動画がありますが、あれは真に受けない方がいいです。あなたが私と同じ”凡人”であるならばこれが現実です。

いやむしろ、全国平均で見るとブロガーの9割が1年以内で消滅することを考慮すればブロガー(?)として1年以上やっている(※note期間含む)私は実は平均以上なんじゃないか?と思っています。
ですので凡人以上の継続力と凡人以下のスキルと努力値の持つ私と同レベルだと読者のあなたが思うのならば、金目当てでブログやストックフォトを始めるのはオススメできないですね。

素直に本職で頑張るか転職、投資、フロー型の副業をオススメします。こちらの方が確実です。

ただ、純粋に写真撮影が好きな人がおまけ程度にやるというのがベストです。
好きならば継続できますし、継続できればいつか収益化しますからね(笑)


そういえば言い忘れていましたが、今月は全く写真を撮れていません。
まず外出が緊急事態宣言と寒さでしていないのと、その後の花粉大量発生で諦めました。

しかもまさかのアップデートした写真が販売NGになるという始末です(販売NGはこれが初)。
もしたらPIXTA審査基準が厳しくなったのかもしれません。これはヤバいです。
このような背景から今月のアップデート枚数は3枚にとどまっています。

今後の方針

先月と同様にこれまで通り素材感を意識した写真を撮影、販売していきます。

緊急事態宣言も3月中に解除され、気温も暖かくなってきたのでいよいよといった感じですが、わたくし花粉症なので、依然として外出できそうにありません。

ですので4月まではアップロード枚数の増加は期待できそうにありませんが、気長にやっていこうと思います。