ブサメン手当をくれ!!

ブサメン手当をくれ!!

2021年3月15日

※注意※
この記事は完全なネタ記事であり、最後まで読んでもクソの足しにもなりません。
ブサメンをあざ笑いたい人、同類の人、とんでもないくらい暇な人、のみ読んでください。

ブサメン代表の青瓶です。

本ブログは投資と節約(ミニマリズム&シンプルライフ)ブログですが、どうも納得できないこの世の不条理…なんかこう、記事にしたいなという熱い思いが込み上げてきたので書いています。

タイトルのブサメン手当をくれ!が今回の話の中核なのですがこれがどういうことかというと

同じ労働でもイケメンは金とが手に入るのに、ブサメンは金しか入らないの不平等じゃね?
女ぶんの金を手当でくれよ

というヤクザもびっくりな超理論を無理やり合理化するというお話です。

それでは長々と話していきます。

まずイケメンとブサメンまったく同じ労働で同じ成果を出していた場合、当然同じ賃金が支払われるべきである。
これは疑いようはないですね。
実際、イケメンだから給料が高い。なんてことはないと思います。
※ただしイケメン美人だから営業で客を獲得しやすいというのはあると思います。

ただ労働で得られる対価というのは何も金銭だけではないと私は思っているんですよ。

例えばスキル。

私の場合、業務の一つとしてVBAで仕事を効率化しているのですが、仕事でプログラムを書いているとどんどん使えるコードや効率的な組み合わせ、テンプレなんかが出来上がっていってより難しい仕事ができるようになっていったりします。
これは仕事をしなかったら得られないです。

給料は使ってしまえば0になりますが、このスキルは死ぬかボケるまではなくなりません。
またこのスキルを転職や副業に使える可能性もあるので仕事を選ぶ上では(特に若ければ若いほど)重要です。

スキル以外にも労働によって得られるものはあって、代表的なものは人脈です。

ここで本題に戻るわけですが、この人脈のうち彼氏彼女(なんなら遊び相手)を得るという意味ではブサメンとイケメンに圧倒的格差が生じるわけです。

同じ仕事、同じ成果、同じ給料にも関わらず、イケメンA君は職場で彼女ができて、ブサメンB君は職場の女の子に声をかけても相手にされない

これはどういうことだ!納得いかんぞ!ということです。

こっから先は完全に私の独自理論に入るわけですが

同一労働同一賃金という言葉があるからに、パート⇔正社員の格差だけではなく、正社員⇔正社員の格差も無くすべきである。と私は考えていて

イケメンだから会社のかわいい女の子と付き合いまくっている人間がいる一方で、それが生まれによってできない人間もいる。この格差を企業は手当で埋めるべきである。
と思うんですよ。

例えばですよ、イケメンの場合は歓迎会とか仕事のプロジェクトになったとか、同期だったとか、そんなクソみたいな接点でも生まれ持ったスペックで彼女をゲットできるわけです。
さらに言うと、仮に失ったとしても、ミニガンの弾の様に次から次へと女の子が補充されていく

私の同期のイケメン場合
入社後すぐに彼女ができてその1年後新入社員の女の子からアタックされて乗り換え(前の彼女はポイ捨て)数年後別れるも、またもや新入社員を研修時に手をかけて彼女としそれと別れたと思ったら次の彼女ができte…..

うわあああああああーーーーーー

どうなってんだこれ!!!

おかしくないですか?
これがジャパニーズスタンダードですか?

とにかく”彼女がいない状況がない”んですよ(しかもかわいい)

というかこの状況、彼だけではなく私の会社にはこういうのがゴロゴロいる

彼のが言うには

イケメン
イケメン

研修の時、休み時間にジュースを持っていって気遣いをするといい

みたいなことを言っていたわけですが

青瓶
青瓶

んなもん、普通にやっとるわボケェ!!

という話である。

LOVE理論を何回読んだと思ってんだ!

ちなみに彼の行った手法は、この本(LOVE理論)では”上っ面kindness理論”と言います。
※女のいう”やさしい人”は上っ面のやさしさということだから、上っ面のやさしさを極めろという話

ドライブするときに事前調査しておいた彼女の好きな飲み物を買っておくとか
車のドアを開けてあげるとか
歩くペースを合わせるとか
荷物もつとか

そんな知識は当然知ってるし実践してますよ。
というか(いざというときに行動できるように)女以外にもやってますよ。

つまり同じことをイケメンと青瓶(ブサメン)はやっているのである。
つまり気遣いなんてのは、彼女獲得の要素の1つではあるが主要素ではないということなんですよ。

結局スタイルとか顔なんすよ。
話が面白い?

いやいやいや!話が面白い人がなんで話が面白いのかを考えてみてくださいよ。
天倵の才とかは置いといて、単純にイケメンだから女の子と話す回数が多く話を盛り上げるコツをつかんでいるから彼らの話は面白いんですよ。
勿論相手に応じて話題を選ぶという気遣いは必要なわけですが、基本的にはこれまでどれだけ多くの女と話してきたかで話の面白さが決まるといっても過言ではないです。

つまりトークの面においてもやはりイケメンが圧倒的に有利なんですよ。

イケメンだから女が集まる→女と話をする→ウケる話とそうでない話の見分けがつく→話が面白くなる→更に多くの女が集まる のループが形成され

早い話、トーク力の複利運用がされるのである

逆にブサメンは

ブサメンだから女が集まらない→いざ女と話す機会があっても何を話していいかわからない→話がつまらない→臆病になり余計に声がかけれなくなる

というトーク力のデフレスパイラルが発生するわけである

かの孫氏も、勝敗は戦う前に既に決まっていると言っているが完全にこれですね。

この現実を嘆いても何が変わるというわけではないのですが、語らずにはいられない!嘆かずにはいられないッ!

金は経営者に、女はイケメンに搾取されてしまう。
なんたることやら…

ただそれでも、まだ私は耐えることが出来きていました。
なぜなら彼ら(イケメン)はとんでもないくらい女の子に話しかけているからです。
女子との接点がある機会であれば、針の穴くらいしかないタイミングでも突っ込んで持前のルックスとトーク力でその女を我が物としてきたわけです。

その高い成功率の裏には多くの失敗があったということは想像に難くないです。
イケメンはイケメンなりにしっかり努力しているのです。

だが、イケメンは私の想像を遥かに超えていました。
つい最近、全然女子にがっついていないようなタイプのイケメンがいつの間にか付き合っていたという事実をしってしまったのです。

相手の女子もヤリマンビッチ系でない大人めの女子。
つまり先に挙げたイケメン同期のような積極的なアプローチなぞしていないと推測ができるのです。

つまりは錬金術

青瓶
青瓶

イケメンはチート
もうやってらんねえぜ!!

ちなみに青瓶は以前割と仲の良い(と私が勝手に思っている)女性を食事に3回誘ったことがあったが全て断られたという苦い経験があります。
つまり社内キルレシオは0のポンコツということです。

経験豊富な読者の皆様であればご存じだと思いますが、どっか遊びに行くとかではなく食事を断られる(しかも3回も)ような相手とは、その女性にとって相当なクソ物件である時くらいです。
※少なくとも向こうが1ミリでも仲良くなりたい(恋愛感情抜きでも)と思っているなら1回くらい飯にはいくと思いますからね。

まあ私は元々自己顕示欲とか自尊心とかそういうのがかなり低い男なので、期待はしていなかったからまあ…想定通りなわけなのですが、流石に少し傷つきますよね。
でも、「イケメンですら努力しているんだからこれくらいでへこたれてはいけない」と思っていた私の前に、呼吸をするだけで彼女ができるイケメンが現れてしまった。
絶対に超えられない壁を目の当たりにして、なんか彼女を作る為の努力ってのがアホらしく感じちゃったんですよね。

仕事で成果を出そうが、同年代よりも多くの資産を持っていようが結局のところ、男女関係という物差しで見ると何の意味も持たないと実感してしまいました。
というか表面上の要素(中小企業の有能より大企業の無能、資産1億の倹約家より借金1000万の高級ブランドづくめ男)でしか判断できない大多数の女どもからすれば、私のようなタイプはクソ物件でしかありませんからね。

まして私は大金持ちでもイケメンでもないですし、性格は自他ともに認める変人ですから(笑)

まあ、セミリタイアに人生目標を絞って恋愛という世俗の感覚を捨て去り、一人の世界を楽しむのもまた一興…なのかもしれませんね。