Twitterでブログ記事を宣伝するをオススメできない理由

Twitterでブログ記事を宣伝するをオススメできない理由

2021年6月20日

Twitterでブログの宣伝をされていますか?

私は以前していました。
しかしデメリットがメリットを上回った為、宣伝は辞め、Twitter自体も辞めました。

結論から言うとPV増や広告収入目的でTwitterにブログ宣伝をすると嫌がらせを受ける可能性があるから辞めた方がいいよという話です。

ではなぜそう言えるのか?
今回は私が実際にTwitterのブログ宣伝をやって感じたメリットとデメリットについて紹介します。

スポンサーリンク

Twitterブログ宣伝のメリット

PVが増える

これは事実です。
どんな弱小ブログであろうと、皆が注目している内容を記事にすれば読まれます。
というか弱小ブログであれば普通に検索して引っかかることはまずないので、ドーピングと言えるレベルにPVを上げることができます。
(私の場合は宣伝するとPVが倍になった)

更に言うとフォロワーを増やせばその効果は増大します。
そしてフォロワーを増やすこと自体は簡単です。

以下の方法を使えばいかにも人気のあるアカウントを再現できます。

インフルエンサーっぽいアカウントの作り方

自分からフォローしに行ってフォロバしたアカウントは残しフォロバしなかったアカウントはフォローを外す

②定期的にアカウントを確認してTwitterの更新が途切れているアカウント(Twitterをもうやっていないアカウント)があればフォローを外す

③誰からも賛同を受けるような発言を心がける

④コミュニティを形成し仲良くなった人に自分を紹介してもらう

という行為をずーっと続けていけばフォロー数<フォロワー数かつフォロワー数千人のアカウントが作られます。
これくらいの規模になればブログ宣伝をすればそこそこの人が流入してくれるのでPVアップ効果はなかなかのモノがあります。

※Twitterをやり始めた時はフォロワーが数千人いる人を見て「すごい!」と思っていた私ですが、上記の方法を使えば簡単にフォロワーを増やすことができると気づいてからは、”フォロワーの多さは情弱には威厳として使えるので有効だが本質的には何の価値もない”と感じてフォロワーを増やすことを辞めました。

何はともあれ”PVを上げる”と言うことに関してTwitterでブログを宣伝することは非常に有効であることは事実です。

そしてPVを上げる事で以下の効果を得る事ができます

金儲けができる

ド直球ですが事実です。

PVを増やすことでGoogleアドセンス広告やバリューコマースなどの案件で金儲けができます。

これは当然で見る人が多ければ多いほど広告をクリックされる確率が高くなりますし、案件に参加してくれる人も多くなります。
要は期待値が上がります。

そんなわけでブロガーの多くはTwitterでブログの宣伝をせっせとやっているわけです。
記事を書くのも大変ですしお金は欲しいので金儲けに使える手段はすべて使うというのは理にかなった行動であると思います。

しかしながら自分の思い描いた通りにならないのが現実です。
お金を得る為にTwitterにブログ宣伝したら、広告収入がなくなるという想定とは真逆の状態が現実に発生します。
ではなぜでそんなことが発生するのか?
他のデメリットと共に解説していきます。

Twitterブログ宣伝のデメリット

異なる考えの人間から攻撃を受ける可能性がある

世の中には自分の考えが絶対で相反する意見を絶対に認めないという人間が大勢います。

例えば以前

生活が困窮している
こんな大変なのに国は何もしてくれない

みたみたいなことを言っている人がいたんですよ

でもその人の食費、月に5万円も使っているんですよね

でそれをみたある人が

食費5万円も使ってるのに困窮とかww

みたいなことをつぶやいたら炎上していたんですよね。

私個人の意見としては先の方(男性アイコン)と同意見で、月に5万円も使っている時点で困窮していないでしょと思うわけですが、炎上した事実を見る限りどうやら世間一般としては月5万の食費は困窮しているようです。

貧すれば鈍する”ってこういうことをいうんだなとおもいました。

まあ、とはいえ色んな価値観の人間がいるのがTwitterなので、不用意な発言をした先の人にも非があるのかなとは思います。
でも言いたいこと言えないSNSって何の意味があるんでしょうかね?

それを踏まえるとTwitterでブログの宣伝をするのってなかなか危険だと思いませんか?

例えば本記事はTwitterに批判的な内容です。
本記事のリンクをTwitterに貼ったとしてTwitterが命みたいな人が見たらどう思うでしょうか?
少なくともいい気持にはならないと思います。

場合によっては

なんやこいつ(怒)吊し上げたろ!

となるかもしれません。

これと同じで投資ブログというのはあまた存在しますが、いまだ大多数の日本人は”投資はギャンブル”だと思っています。

コロナで私はこんなに生活に苦労しているのに
投資やっている連中は楽して金を儲けている

っていうツイートをしている人がいましたが、トンでもないくらい”いいね!”がついていました。

これが現実です。

でも実際は

投資で継続的に儲ける為にはある程度の勉強が必要なのは言うまでもないわけで、もし投資を”楽して儲けれる”なんて思って投資をやったら間違いなく大損して退場します。

でもこういう人たちは”無知”なので自分の考えが間違っているんじゃないかと考える頭を持っていません。

そして中には他人が儲けようが損しようが本人には何の影響ないはずなのに、投資家を目の敵にする人というのも存在します。
Twitterにブログを晒すということはそういう人達に目を付けられるということです。

そして目をつけられた場合以下の嫌がらせをされる可能性があります。

アドセンス狩りされる危険が倍増する

アドセンス狩りというのは、標的のブログの広告をクリックしまくってそのブログの収益権を一定期間、あるいは永続的に停止させるという嫌がらせです。

はっきり言って、何のためにやっているのか理解不能ですがこれをやってくる人がいます。

私は3回くらいやられました。

↓アドセンス狩りされるとこの通知が来る


私のブログに訪れる人って大体5人前後です。
月間PVも200~300とかクソほど低い弱小ブログです。

つまり普通に検索して私のブログにヒットすることはまずないんですよ。

そして仮にヒットすつとすれば私の考えていることと同じことを考えている=肯定的な人である可能性が極めて高いです。
(例)本記事であればTwitterに肯定的な人より批判的な人の方がヒットしやすい。

そういう人はまずアドセンス狩りしてサイトを荒そうなんてことはならないんですよ。

実際アドセンス狩りをしてきたのはTwitterから流入してきたアカウントでした。
恐らく私の記事が癇に障ったんでしょうね。

まあこれは私にも責任があって、
・荒してくるような悪人がいることを理解していなかった。
・発言も万人が見ていることを意識していなかった。
とまあ考えが甘かったです。

ただ、煽りとかは別として、本人には全く悪気のない何気ない発言や言葉でも誰かの癇に障る場合も当然あるので言葉を選んだとしても相手から攻撃を100%防ぐことはできないと思います。
有名であれば猶更です。

今はアドセンス狩り対策ソフトを入れているのでそういう人が来てもBANするので問題ないですし、ブログ収入目的でブログ書いてないのでアドセンス狩りされてもいいんですが当時は

青瓶
青瓶

ブログを副業にする!!

と意気込んでいましたのでモチベーションが大分落ち怒りに燃えてましたね(笑)
人によってはアドセンス狩りされてブログを辞める人もいそうです。

収益化の為、PVを上げる為、Twitterにブログ宣伝したのに逆に収入を得る方法を失う、本末転倒です

そもそも論ですが、優れた記事、面白い記事であればわざわざ宣伝なんてしなくてもある程度人気を獲得することはできます。
美人やイケメンが存在するだけでモテる、いい投資物件は広告を出さないのと同じ理論です。

PVを上げたいのであれば、収益を得たいのであればまずは宣伝するのではなく、人から読みたいと思ってもらえる記事を書けるように勉強するほうが先だと思います。

収益やPVは結果です。しっかりやってれば結果は後から必ずついてきます。

フォロワーを増やして宣伝力を上げている暇が有ったら、言葉の使い回し方や、見やすい記事の書き方、ブログデザインを勉強した方がよっぽど知識や経験になるので有意義だと思います。