セミリタイア後に魚釣りで自給自足というアイデアは良いのか?

セミリタイア後に魚釣りで自給自足というアイデアは良いのか?

どうも青瓶です。
皆さんは魚釣りが好きですか?私は結構好きです。

子供のころに祖父や父に連れられていったり、最近は友人といったりしています。

私はライフプランの一つとしてセミリタイアを計画していますが、そこでよく思うのが

セミリタイアしたら釣りをして自給自足生活ができるんじゃないか?

ということです。
もしこの考えが正しければ

趣味として釣りをして人生を楽しみつつ、おまけに食費も節約できる

ということになります。
こんな素晴らしい事はないです。

そんなわけで今回は魚を釣るのと買うのでいろいろと比較してみました。

スポンサーリンク

買うのと釣るのどちらが安い?

”食費を浮かす”と言うからにはスーパーで買うよりも安く魚をゲットする必要があります。

つまり機材、消耗品、餌、交通費を含めた費用がスーパーでの購入代金より安くなければいけません。

釣りをするために必要なモノと言えば
・ロッド
・リール
・糸
・仕掛け
・餌

…などが挙げられますね。
ではこれがどれくらいの費用が掛かるのか見てみましょう。

ロッド&リール

ロッドとリールに関してピンキリなわけですがまずまずのモノをそろえたいなら1万円くらいはするでしょう。
一応中古の特売コーナーみたいなところをあされば1000円以内で竿をゲットできます。

実際私は1000円と300円の投げ竿を買いましたが普通に使えますね。
ただ、明らかに見た目が”昭和”です。
性能は文句なしですがビジュアルを気にする人は無理かもしれませんね。

人脈があれば譲ってもらうのもアリですね。

とはいえロッドとリールは一度買えばよほど雑な扱い方をしなければ壊れる事はないのでここはコストをかけても良いと思います。

これもピンキリですね。
糸はナイロン、フロロカーボン、PEとありますが、どんなに安くても1000円は絶対にしますね。

あと糸の太さも様々ですので、狙う魚が多ければそれだけ糸が必要ということになりますので意外とお金がかかる部分でもあります。
ただし、1000m巻きとかで販売されているのでこれが瞬時になくなることはまずないのでランニングコストはさほどかからないですね。

仕掛け&餌

一番かかるところです。

餌釣りなら釣りに行く度に買う必要があります。
何をどれだけ買うかにもよりますが、私は石ゴカイを1杯500円くらいで買っていますので、毎回500円のコストがかかっています。

餌を付ける為の仕掛けも当然必要で、投げ釣りならオモリ+針が必要です。
自分で針と糸を買って仕掛けを作ればかなり安く作れると思いますが、完成品を買うとなると仕掛け+オモリで500円くらいはかかりますね。

餌釣りでなくてルアーフィッシングの場合はもっとかかります。
画像のジグは確か600円とかします。高いです。
使うときは針に疑似餌を付けるので更に高くなります。

それでもまだ安い方で魚を模した”ルアーと言えばこれ!”みたいなやつは普通に1000円以上します。

↓こいつの元値は1000円以上します。中古だから安かったけど。

更に言うとバリエーション大量にあるせいで

青瓶
青瓶

おおー!これほしいいいい!!!

となってしまうので困ったものです。

ただ消耗品の生き餌と違ってルアーは何度も使えるのが強みです。
初期費用がかかる分ランニングコストは無しです。
ただし、根がかりした場合は….

一投目でロストした時は膝から崩れ落ちましたね(笑)
私のような下手くそはたいてい無くすので生き餌より高くつきます。

その他

釣りをするにはもちろん上記の機材以外も必要で

・ライフジャケット
・仕掛け入れ
・クーラーボックス
・竿入れ
等々…たくさんの物が必要ですので結構なお金が必要ということです。

更に言うと海沿い、川沿いの街に住んでいない人は当然交通費が必要ですし、現地での食費も必要です。

以上のことから初期費用に数万円、釣りに行く度に数千円は出ていくということになり大量の魚を釣るか高級魚を釣らない限りは店で買った方が安く済むということになります。

釣りは結構危険

釣りをしたことがある人ならわかると思いますが、釣りって想像以上に危険です。
何が危険か?

言い出したらキリがありませんがとにかく危険だらけです。
以下に釣りが危険だということの一例を挙げます

海が荒れているのに釣りをして波にのまれて死亡
堤防から落ちて溺れて死亡
テトラポットで足を滑せて落下して頭を打って死亡&すき間に入って抜け出せず死亡
岩場で足を滑らせて海にのまれて死亡
夜釣りで足場が見えず誤って落下して死亡
毒魚(エイ等)を釣り上げて毒針に刺されて死亡
毒魚(ふぐ等)を釣り上げて食べて死亡
他の釣り人とトラブルになり暗殺される




とまあ考えればキリがありません。

つまり釣り人というのは常に死と隣り合わせの状況で魚を釣り上げる必要があるということです。

更に悪いことに、安全で整備されている釣り場というのは当然人が大量発生するので魚が獲りつくされていて数が少なかったり小さかったりします。
そこで”穴場”を探すわけですがそういった場所はたいてい立ち入り禁止だったり普通の人が立ち入らないような危険な場所だったりします。
つまり欲をかけばかくほど危険は増すということです。

船釣りや海上釣り堀であれば安全によいサイズでしかも高級魚なんかを比較的楽に釣れたりするわけですが、その分費用が嵩むので”生活費を抑える為に釣りをする”と言う今回の目的とは合致していません。

999回大丈夫でも1回ミスするだけで死ぬ可能性があるというリスクを常に背負っている以上、リスクはかなり高いです。
それに死なないにせよ穴に落ちて入院でもすれば数万~数十万の費用が飛びかなりの時間も失うことになりますからね、”怪我をする”まで範囲を広げると結構発生確率は高いと思います。

対してスーパーの場合、買い物に行ったら殺されたなんてことは日本国ではまず起こりえないですよね?そういうことを考えると素直にスーパーで魚を買った方が良いと思います。

釣り中の死亡事故について調べてみましたが毎年100人前後が死んでいます。
死因の多くが海中転落ということだそうで、亡くなった人の大半はライフジャケット未着用とのことです。
やっぱりライフジャケットは付けた方がいいですね。

↓参考サイトリンク

https://www.kaiho.mlit.go.jp/marine/figure/2002-2011fishing.pdf

釣りが有効な場合

釣り人の端くれのくせに釣りをディスってきましたが勿論有効な場合も存在します。

例えばメバルなんかはとてもおいしい魚ですが成長が遅い魚で個体数もさほど多くないことから、店頭に並ぶことがあまりありません。
それでもメバルがおいしいから食べたいという人はメバルが売っている店を探すより素直に釣りに行った方がよさそうです。

あとは商品価値のない魚ですね。
私の祖父はベラというどう見ても熱帯魚にしか見えない魚が好きなんですが、そのカラフルな見た目通り商品価値がありません。
商品価値がない、つまり店頭で売っていないということになるので食べたいなら釣るしかないということです。

結論

釣りのコストは驚くほど高い。
店頭で並ぶことのないような魚でない限り、金銭面、安全面において店で買った方が得である。

まあ、当然といえば当然ですね。

とはいえこれはあくまで、趣味として釣りをして人生を楽しみつつ、おまけに食費も節約できるか?という問いに対しての答えです。

コスパが悪くて危険だとしても、それを上回る楽しさがあるのも釣りです。
同じ魚でも自分で釣った魚は美味しく感じますし、”命を頂く”ということも感じれます。

ですので、釣りに関してはコスパが~なんてケチ臭いことは言わず、人生を豊かにする趣味として楽しむ方が良いと思います。