”高級”なものを私は使いこなせないので全く魅力を感じない件について

”高級”なものを私は使いこなせないので全く魅力を感じない件について

どうも青瓶です。

私には幼馴染がいるのですが、その性格は私とは真反対です。
彼は所謂大衆的思考の持ち主で、逸脱者の私とは考え方が根本的に違うので

青瓶
青瓶

はあ…そうですか…

となることが多いです。

ついこないだも彼は、無駄に高いものをいっぱい買って金がないとかぼやいていましたね。
今年に入って彼はロードバイク、スキー、キャンプ用品、車と次々と新しいものを買っていました。

まあこれについては別に他人が自分で稼いだ金なので彼の行動に対して私が言うことはありません。
と言いつつ一言だけ

青瓶
青瓶

背伸びしてんなー

とは思います。

まあ彼も私に対して

いつまでその安いボロ車乗ってるんだよww
さっさと乗り換えろ(原文ママ)

とか言ってくるので、何も言い返せないでしょう。

スポンサーリンク

高級である必要は本当にあるのか?

本題に入るのですが、私はこの彼の行動が全く持って理解できないんですよね。

というのも高級なものって基本的に上級者が使って初めてその真価が発揮されるのであってついこないだ始めた素人とか、お遊びレベルでやっている人間なんかが所持したところでただの見栄を張ってる(=無駄)だけなんですよ。

まあそんな私も昔はそっち側の人間だったので彼の行動は理解できなくもないです。
例えばロードバイクなんですが、実は私もそこそこのロードバイクを浪費家時代に購入しています。

でも正直言ってそのロードバイクの性能を全く活かせないてないです。
手に余る代物というやつです。

まあそんなの当たり前でミドルクラス以上のロードバイクなんてゴリゴリに走っている人向けのやつですからね。私なんかちんたらのこのこ観光しながらサイクリングしかしないのでレース用のロードバイクを一般向けにマイルドチューンしたロードバイクなんてそもそも使いこなせないです。
単に見た目がカッコいいロードバイクを手に入れただけだったんですよね。

確かにコレクションとしてみれば高級なものはいいのですが、実際に使う場合は必ずしも高級なものが安価なものより優れているとは限らないです。

使い勝手は安価なものの方が優れている場合が多い

これもまたロードバイクの話になるのですが、高級ロードバイクというのはとてもとても盗難されやすいです。
車やバイクなんかと比べて非常に軽量でおまけに足もつきにくいですからね。
盗賊からすれば素晴らしい獲物です。

だから高級ロードバイクで旅をしようもんなら常に盗賊に盗まれないんじゃないかとビクビクしないといけないです。
サイクリングコースに観光地があっても盗難を気にして駐輪できないということもあります。
近所のスーパーやコンビニに行くのにも盗難の危険がある(毎回あると目を付けられる)のでせっかくの自転車を使うことなく徒歩で行く必要が出てきます。

対して安価なバイクというのはそのリスクが低いので気軽に行動することができます。
気になったところがあれば立ち寄れるし、心配事なく観光地で長時間の散策できます。
近所のスーパーやコンビニに行くのにも使えます。

愛着も安価なものの方が湧きやすい

またまたロードバイクの話になるのですが、私は”そこそこのロードバイク”を所有する前は5万円くらいのクロスバイクに乗っていました。
これは大学生時代にバイト代を溜めて買ったクロスバイクで、日々の買い物に使ったり、自転車旅行に使ったり、電車通学から自転車通学変更するために使ったりしていました。

そしてお金がない中でも快適なサイクリングができるように自分用にかなりのチューンアップを施していました。

最終的にはフレーム以外は別モノになっていましたね(笑)

ここで言ってもわからないかもしれませんが、ブレーキハンドルとブレーキの利く車輪が通常の逆だったり、フロントのギアチェンジ機能をオミットして軽量化していたり。そもそもシフトチェンジレバーが昔の自転車に使われるようなレバータイプのものに変わっていたり。

とまあ、ひたすら改造し続けました。

こんなに使って改造したクロスバイクの愛着が高級なロードバイクに負けるわけが無いんですよ。

高級は金で買えますが、思い出は金で買えませんからね

今はこのクロスバイクは友人に譲渡しているので乗ることはないですが、油を差しに行ったり、錆びているのを嘆いたりと気にはかけてはいます。

方やそこそこのロードバイクの方は見た目は美しく性能もクロスバイクより遥かに高いですがそこまでの愛着はないです。
買ったのが社会人に入ってからというのもありますがサイクリングの時間が減ってしまいましたからね。

あとは初めから良いパーツがついているので改造する必要がないというのもありますね。
これは一般的にいいことなのかもしれませんが育成要素がないとも取れますので愛着が湧くという意味ではマイナスでしかありませんね。

伝説のポケモンは高性能ですが、御三家のポケモンの方が愛着があってよく使っていませんか?
それと同じ感覚です。

愛着がないからなのかそもそも熱が冷めたからなのかそれから5年経った今ではこのカッコいい”高級な”ロードバイクは部屋のオブジェと化しています。

まあやっぱり日常遣いできないってのが痛いですね。
それが余計にサイクリングから足を遠ざけている気がします。

ロードバイクの購入を失敗とまでは思いませんが今思えば、あの思い出の詰まったクロスバイクを今でも保有しておいてロードバイクの金は投資に回しておけばよかったな。と思いますね(笑)

ちなみに私レベルだとクロスバイクに乗ろうがロードバイクに乗ろうが巡航速度も乗り心地にも差を感じることはできませんでした。
まあ改造しまくったおかげで車体重量がエントリーロードバイク並みになって自分用にフルカスタマイズされていますからね(笑)

だから本当にロードバイクを所有することで得たのは、”高級でカッコいいバイクを手に入れた”という所有欲だけです。
でもそんな欲求が満たされた状況は長くは続きません。

新作が出れば気になりますし、使用すれば劣化や傷がつくので魅力が落ちてしまいます。
そしてまた新たな”高級”なものに手を出す。
そしてその”高級”は前よりもより値の張るモノ。

そうして使いこなすこともできないようなモノを際限なく保有しては捨て、保有しては捨てとやっていく。
これでは満足度は無いでしょう。
でもそれに気づかないから大衆は無駄に金、その金を稼ぐための命を削っているのでしょう。

金や時間は有限です。
だからこそ、本当に必要なモノやコトに金や時間を使うべきです。

高級なモノというのは総じて魅力的です。
しかし実際手に入れたところでその”高級さ”を活かすことができる人は僅かです。
だから高級なモノに目が眩んだ時は、

考える人
考える人

高級である必要性はあるのか?


とか

考える人
考える人

高級を使いこなすことはできるのか?


と、一度考えてみるのも悪くはないと思います。
無駄なものを削ぎ落すことで本当に必要なモノ、大切なコトが見えてきます。