【ストックフォト】初心者が写真販売で稼げるか検証してみた【19か月目】

【ストックフォト】初心者が写真販売で稼げるか検証してみた【19か月目】

先月はこちら↓

【ストックフォト】初心者が写真販売で稼げるか検証してみた【18か月目】
経験値0からストックフォトを副業化できるか検証
aobins-storage.com
スポンサーリンク

実績データ(PIXTA)

累計実績

過去一年の実績

実績データ(Adobe)

今月の総評

今月はピクスタから4枚、Adobeから1枚売上ています。
ここ最近は大体毎月5枚程度売り上げるというのが普通になっていますね。

売上枚数を増やすには販売枚数、つまり分母が大きくないと話にならないわけですが、今の私にはそんな熱意はありませんね。
やっぱりストックフォトというのは時間の合間に撮影した写真を時間の合間に編集して投稿できるというのが最大のメリットですので、売上を増やす為に多くの時間、専用の時間を用意するという行為はストックフォトのメリットを潰している気がします。
それに、例えば毎日1時間をストックフォトに関連することに充てたとしても、ストックフォトというのは労力に対する還元率が著しく低い部類の副業なので(ポイ活レベル)、ただ単純に金が欲しいというなら残業、もしくはフロー型の副業をやった方がいいですね。
あくまでストックフォトは趣味の延長であり、ストック型の副業なので、金に目を向けるというより「あれ?なんか適当に写真売ったら月に数百円入ってきたんだけど(笑)」くらいのスタンスで臨むのがいいと私は思いますね。
ガチでやるようなものではありません。

まあでもストックフォトは結構優秀な部類のストック型副業だと思います。
初期投資こそ金額が必要ですがランニングコストは有料画像編集ソフトを使用しなければありませんし、カメラのリセールバリューは他のモノと比べて高いです。
私は写真販売、ブログ、YouTubeと3種のストック型副業をやっていますが、凡人がストック型副業をするならストックフォトが一番いいと思います。
写真を撮るのが好きな人ならカメラは無駄にならないですし、多くの人が楽しみながらできる副業だと思います。才能が無いと稼げないブログやYouTubeと比べてストックフォトは凡人でも少ないながら稼げます。

これがブログだとどうなるかというとアドセンスの審査すら通りませんし、通ったとしても私のように月に数円しか入ってこないという状況になります。
そのくせランニングコストは馬鹿高いです。私は毎年15,000円くらいエックスサーバーに貢いでいますが、運用費を全くまかなえていないので大赤字です。
アフィリエイトが儲かると思うなら自分でアフィリエイトをやるより、バリューコマース(※アフィリエイト企業)に投資をした方が良いですよ。
私はそのことに気づきバリューコマースに投資しているわけですが、この投資が当たっていて結構儲けています。凡人は投資して有能なアフィリエイターが稼いだ金をチューチュー吸い取って生きましょう。
更に言うと、記事一本書くのにも数時間かかるので時給換算で一番分の悪い副業だと私は思います。

YouTubeも収益化するはチャンネル登録者数が1000人以上という極めて厳しいラインを突破しないといけません。これを突破しているのは10人中1人ということなので凡人には無理でしょう。
ただブログよりは幾分かマシだと私は思います。
というのもランニングコストがかからないからです。

それにクオリティーにこだわらなければ喋っているだけ、ゲームしているだけ、街中歩いているだけで動画自体は作れますのでブログより手間がかからないですね。編集に拘るならブログの比ではないくらい大変になりますが…
あとブログより自己表現の方法が多いのでやってて楽しいですね。
なので最近はブログはサボってYouTubeに動画を上げるのに時間を使っています。

まあ自分が凡人だと思うなら金が欲しけりゃ、節約してインデックスファンド買って放置がベストですね。
それでも金が欲しいならフロー型の副業です。即金性がありますのでここで得た金を投資に回して資産増加を加速させます。
金ではなく趣味の延長で金が欲しいというスタンスならストック型副業という選択肢が出てきてランニングコストがかからず凡人でも小銭程度なら稼げるストックフォトを選んだ方が良いよね、という話になるわけです。

今後の方針

これまで通り素材感を意識した写真を撮影、販売していきます。

ピクスタとアドビストック双方へ出品していきます。