資産形成をしたいなら収入を上げることよりも取捨選択が重要

資産形成をしたいなら収入を上げることよりも取捨選択が重要

どうも青瓶です。
今回は資産形成について語っていきます。

資産形成するためには転職や副業、投資をして収入を上げろ!みたいなことを意識高い系YouTuberがよく言っていますが、私からすればそんなことよりももっと先にやることがあります。

それが

取捨選択

です。

人間の生活というのは自分達が思っている以上に非効率です。
つまり無駄無駄です。

この無駄をなくし()効率化して、浮いた金や時間を資産として残したり、やりたいコトへ使おう()という考えが取捨選択です。

これは収入を上げろ論のように、転職活動や資格や投資の勉強をする必要がありません。
つまり頑張る必要がほぼありません。

そして人生の満足度は変化していないので支出を減らせ論のように、無理に支出を減らしすぎて我慢の限界に達して一気に散財したり、支出を減らすこと自体が目的化した守銭奴に変貌することもありません。

つまりいいとこ取りです。

実際私が資産形成をできたのは、投資でボロ儲けしたわけでもなく、副業で成功したわけでもなく、転職して年収が上がったわけでもありません。
取捨選択がしっかりできるようになって必要なものにしかお金を使わなくなったので勝手に金が増えるようになりました。時間も同様です。

じゃあその取捨選択とやらはどんな事なんだ?ということで解説していきます。

スポンサーリンク

どこのお金や時間を使用するか?全体で考える。

まず取捨選択で重要なのは、全体で考えるということです。

例えば、服屋に行って予算1万円でアウターを買うのかボトムスを買うのかどっちか選択するみたいな話
これは取捨選択ではないです。

取捨選択はもっと長期、人生全体で考えます。
そして幅も全て、同時期でお金を使う予定があるすべての物について比較していきます。

例えばこの服を買おうとしている人をAさんとします。
このAさんには夢があります。
その夢とは1000万円貯めて世界中を旅行するという夢です。

今1万円を使うことで少しだけ夢が遠のきます、逆に1万円使わなければこの夢が実現するまでの時間は1万円分近くなります。

ここで取捨選択です。
この「1万円を使用しないことによって得られる夢実現の時間」と「1万円服に使うことによって得られる幸福」を比較します。

もしAさんが”いつ死ぬかもわからないので一刻も早く世界旅行に行きたい”と思っているのであれば、1万円を使わないことで得られる時間が微々たるものであったとしても、服を買うのを辞めて旅行資金に回すべきでしょう。
逆に、Aさんが”死ぬまでにいければいい”と思っているのであれば、まずは目先の幸福を優先すべきでしょう。

どちらが正解ということはありません。
当の本人の優先順位が高い方へお金を使い、低い方はお金を使わないということです。

で、今回Aさんは世界旅行は”死ぬまでにいければいい”と思っている側の人物だったので、服を買おうとします。
でもまだまだ取捨選択はあります。

同時期に欲しいと思っているすべてのものと比較し、取捨選択をする必要があります。

例えば、今買おうとしている服以外に、趣味の釣り竿が欲しいとも、そして同じ月に彼女とデート、そして友人と飲み会があるともします。

その場合、これら全てと比較する必要があるということです。

釣り竿なら
今すぐに欲しい?後回しにできない?
1グレード落とせば今迷っているアウターとボトムス両方買えるとしたらどうする?

と、いろいろな要素と比較して最適解を出します。

友人との飲み会も同様なら

単に話をするだけなら食事として割高な飲み会を選択する必要があるの?
飲む必要ある?
飲むにしても宅飲みにすれば費用は抑えられるけどそれでも飲み屋を選ぶ?
そもそも本当に行きたい?惰性で行っていない?

そして費用を抑えた場合のことも考えます。

友達との食事を飲み屋ではなくレストランにすれば
彼女との夕食が少しいいところに行けるけど、それでも飲み屋を選択する必要があるか?
竿を買うついでにルアーも買えるが、ルアーを買うより飲み屋に行く方が満足度高い?

の様に費用を抑えた場合、得られるものについてリストアップしていきます。

これらすべてに言えることは

○○を無くすと▲▲ができるけど本当に○○でいいの?
満足度は○○>▲▲の関係になっているよね?
満足度が◯◯<▲▲なら変えた方がいいよね?

ということです。

取捨選択を知らなかった過去の私の失敗談

折角なので私自身の話をします。
取捨選択を知らなかったが故の失敗の話です。

新入社員の時の話です。
新入社員というと良くも悪くも誘われます。その時はサバゲ―に誘われました。
私はサバゲーはおろかFPSすらやったことがなかったので銃なんてのは興味が全くなかったのですが、せっかく誘ってもらったものを断るわけにもいかないので参加する事にしました。

やってみると確かに楽しいわけですが、サバゲーというのは機材の遊びなので、まあ金がかかるわけです。
とは言え初心者用にレンタルサービスがあるので最悪手ぶらでも遊べるのですが、当時の私はあろうことか銃を買ってしまったんですよ。
それもハンドガンとサブマシンガンを(笑)

で結局2,3回サバゲーに行ったっきり、サバゲーの集まりが無くなって遊ばなくなったんですね。
元々興味がなかったものですから急速に飽きてきて、やらなくなるわけです。

結局5万円くらいサバゲーにつぎ込んで、最後は全部売りましたが5000円くらいしか返ってこなかったですね。
2,3回しか使ってないので状態はかなりいいはずなのに(笑)
リセールバリュー悪すぎだね。

この話を取捨選択の視点で見るといくつもの誤りを犯しています。

まず私はサバゲーに興味がありませんでしたが、当時車の改造とサイクリングには興味がありはまっていました。

ということは銃を買うよりも先に車や自転車のパーツを買って改造した方が私の満足度は高いわけです。
にも関わらずわざわざ満足度の低いサバゲー、それも大金を使うなんてことはあり得ないわけです。

当時私は車のエアロパーツとか自転車のホイールが欲しかったので、そっちを買うべきです。
というか実際買いました。
そのお金の出どころは資産形成を行う為の金です。

当時の私はパワハラされまくっていたので当然会社を逃げ出したいと思っているはずなので一刻も早く資産を構築する必要があったわけです。

つまり資金を回す優先順位は
資産形成>自転車・車の改造>サバゲ―用品
となるわけです。

でも実際はその逆を行っており、結果として社会人1年目、2年目というのは全く資産が貯まりませんでした。
確か2年で100万円くらいしか資産を作れていなかったです。
まあ車のローンがあったというのもありますが、その車のローンというのも間違いです。

次に車の購入について取捨選択を誤った話をしていきます。

当時私の資産は大学時代にバイトで貯めた100万円がありこの資産を頭金に200万円のコンパクトカーを新車で購入しました。

つまり100万円の借金なのですが、これは超超超誤った判断です。

まずですね、この車、中古なら100万円出すだけでそこそこ状態のいい車が購入可能です。

というか実際、後輩は私と同じ車を中古で買っていましたが、その価格は50万円でした。
彼の車は初期型で5万キロ走っていたので50万円でしたが外観や乗り心地は別に新車200万円で買った私の車と大差ありません。

つまりですよ、私は
”新車”という肩書に150万円も払っていたということです。

一応後輩の50万円の車は5万キロ走っているのでエンジンの劣化がありますが150万円を覆す要素にはなりえません。
というのもコンパクトカーというのは大体どの車でもリセールバリューが超絶悪いです。
というか同価格帯の高級軽自動車(例えばN-BOX)の方がリセールバリューが高い(しかも保険料や税金が安いので維持費も安い)

だから走行距離が多かろうが少なかろうが売るのが前提なら大差ないわけです。

なのでここでの取捨選択は以下のようになります。

”新車”にこだわらなければ、同じ車を半額以下で購入することができる。
そしてその額は100万円。
しかも売値は二束三文だから新車も中古も変わらない。
100万円あれば、良いロードバイク、釣り竿が買える。
旅行だって行き放題。
投資に回せば年利5%、つまり5万円も働かずに貰える可能性がある。

次に車を買う予定があるなら今回中古にすれば100万円高い車を買う権利を得られる。

これだけの可能性と用途がある100万円をそれでも”新車”に使うの?

これも答えは人によります。
世の中には絶対に他人の乗った車に乗りたくないみたいなユニコーンドライバーもいますからね。
意地でも新車を選ぶ人はいるでしょう。
でも私の場合は中古に変えるだけでこれほどの可能性があるならそちらを取りたいと思う。

でも現実はそうせず新車を買った。
取捨選択の考えがその当時は無かったから。

単に新車と中古車を比べていたのでそりゃ、「新車の方がいい」となりますね。
特に車なんてのは”デカい”買い物です。
”デカい”買い物なら妥協はしたくない、そう普通は考えてします。
でも実際は”デカい”買い物だからこそ、そこを削ることで大きな富を得る事ができる。
取捨選択の考えはそれに気づかせてくれます。

まとめ

何かを買うとき、何かに時間を使うとき
本当にこれが一番やりたことなのか?
一度広い視野で見て下さい。
そうすることで実は
そこまで時間や金を使うべきものではなかった
逆に
もっと時間や金を使うべきものだった
そう気づかせてくれます。

そして取捨選択をしてください。

人生は選択の連続です。
1つでも間違った選択を減らすことで自分が幸福と感じる人生を歩んでいきましょう。