ブログ記事を書く時はLINEのkeepメモを下書きに使うといいです

ブログ記事を書く時はLINEのkeepメモを下書きに使うといいです

どうも青瓶です。

ブログをやっていると記事を書く気があんまりしないとか、ネタが無いってことはよくある話です。

こんな時に役に立つのがLINEのkeepメモ機能です。

これがかなりオススメです。
一応メモ帳アプリでも同様のことが可能ですが、メモ帳アプリをインストールするとホーム画面の枠を1つ消費してしまうので、ミニマリストな私はLINEのkeepメモを推しています。

で、話を聞いてこう思った人がいると思います。

別にブログに直接下書きすればよくね?

普通そう思いますよね?
でもそれだとダメなんですよ!

というのもブログに下書きをする場合

パソコンデスクまで移動

パソコンを起動

Google Chrome起動

サイトにアクセス

サイトにログイン

記事を新規作成

と来てようやく記事を書けるわけです。
ですので記事を書こうと思っても書き始めるまでには1分以上はかかってしまいます。

対してkeepメモは

スマホを手に取る

LINE起動

keepメモ選択

たった3つの作業で記事を書き始めることができます。
試しに記事を書くまでにどれだけ時間がかかるかやってみましたが10秒で書き始めることが出来ました。

いやいや、たかが数十秒で何が変わるんだよ(笑)

と思われたかもしれませんが
何かを始めるというのは思っている以上にエネルギーを必要とします。
”習慣化していることに対して準備時間が数十秒長くなるだけでその習慣が無くなる”というのを以前読んだ本に書いてありました。

ホントかよ!?
と思われるかもしれませんが

例えば結構な人が使っているTwitterとかInstagram
これがスマホでは使えずPCでしか使えなくなったと想像してください。

今までのような頻度でツイートしたり写真をUPしますか??

例えばあなたがよくいく近所のコンビニ
家からコンビニまでの距離が100m遠くなったとします。

酒を飲んでいてちょっとおつまみ欲しくなったとしていつも通り買いに行きますか?

全員が全員ではないでしょうが

ひらめいた時につぶやくのがTwitterなのに
PC起動なんかしてたら萎えるわ

とか

それならおつまみになりそうなものを家で探すわ

ってなる人、結構いると思います。
事実私はTwitter断捨離の為にまずTwitterのスマホアプリをアンインストールしたあと完全に断捨離しましたし、
会社から車で帰っている時「ポテチ買いたい」と思っても一度家に帰ってそれでも欲しかったら歩いて買いに行くというルールにしたら殆ど買いに行くことは無くなりました。

これを逆手に取ったものが今回のkeepメモで下書きをするという行為です。
記事を書き始めるというハードル(書き始めるまでの時間)を極限まで短くすることで即座に行動しやすく、そして習慣化しやすくしています。

他にもメリットはあって思いついた瞬間にメモれます。

例えば外出時なんかはブログのアイデアを思い付いたとしても、「家に帰ってからでいいや」と後回しにしがちですが、その結果家に帰ってくると忘れているってことがよくありよね?
この問題に対してkeepメモなら思いついた瞬間が例え信号待ちの短い時間だったとしてもタイトルとキーワードだけメモっておくことができます。
そうすれば例え途中で忘れたとしても家に帰ってkeepメモを確認すればキーワードから連想して思い出せるというわけです。

あとは寝る前に思いついたアイデアをkeepメモに下書きするのもオススメですね。
私は寝る前にぼーっといろいろなことを考えてしまう性格ですが、ここで話のネタを思いつくことがよくあります。
しかしもう寝るので、例え思いついたとしても

青瓶
青瓶

明日起きてからでいいや

と、なって起きた時には忘れていました。
まぁもう寝るって布団入っているのにパソコンデスクまでいって記事書いていたら目が覚めますからね。
そりゃあ当然の判断です。

この勿体ないアイデアロスを避ける為にkeepメモを使っています。
スマホなら布団の横に置いてあるので布団から動かず取れますし、寝ながら書くことができます。

そんな感じでぱぱっーと下書きしてしまえば、次の日仕事から帰ってきた後にkeepメモに書いた下書きをブログにコピペして、若干の手直しと誤字脱字がないか一応確認したのち、アイキャッチ画像をつければ完成というわけです。
下書きをしておけば大体30分程度で記事を完成できますのであまりやる気や時間が無い時でも記事を書き上げることが出来てしまいます。

ちなみにこの記事も寝ながら下書きしたものです。
↓こんな感じに書いています。

そんなわけでkeepメモでブログの下書きをするという行為は非常に実用的で理にかなった方法なわけですが、弱点もあります。
それは調査系の記事を書くのには不向きだということです。

調査系の記事というのは、データ分析や計算や画像の添付が必要になってくる記事です。
実物で言うなら下の記事になります。

シバニェ・スティルウォーター(SBSW)への投資はプラチナ投資の代替となりえるか?
シバニェ・スティルウォーター(SBSW)とプラチナの相関を調査していきます
aobins-storage.com

ちなみになんで不向きかというと、過去のデータを集めてデータ分析する調査系記事は写真や計算なりが必要なのでExcel等の他のアプリを使うことが多くそれならばパソコンでやった方が早いからです。
ですのでkeepメモを使う記事は、自分の考えを述べるような記事(所謂雑記)を書くときに使うと良いです。

ブロガーにとって記事が書けないというのは重大な問題です。
記事が書けない多くの原因は行動するまでのハードルの高さです。
そのハードルの高さkeepメモは少し下げてくれます。
keepメモはLINEの付属機能で無駄なアプリインストールやお金も必要ありません。
気になった方は一度騙されたと思って試しに使ってみてはいかがでしょうか?