とある投資家が10年後の投資家に偶然発見される体で書いた日記

とある投資家の日記

とある投資家の日記1

私の名は青瓶、投資家だ。 この日記は...そうだな、無人島に流れ着いた主人公が…